| ホーム | リンク | サイトマップ | プライバシーポリシー |






電気料金保証付で標準化


現在の2×4工法はプラットフォーム工法と呼ばれ、生産性・耐久性・遮音性・耐火性・断熱性等の諸性能の向上を目指して第1次世界大戦末期に米国政府・学者・業界との国家プロジェクトにより従来の工法(バルーンフレーム工法)を研究、開発し進歩させたものである。
その2×4工法を元に気密性能、耐震性能の向上を目指し研究、開発させたとものが当社のアドバンスド・フレーミング2×6です。
この構造がもたらす高い断熱性能と防音性能は車両の騒音侵入阻止や各室間の防音にも優れています。
防火実験で延焼のしにくさも実証されています。


アドバンスド・フレーミング2×6工法の特徴
@補強強度は建築基準法壁倍率の1.6倍
2x6材を使うことにより、2x4材よりも壁が厚く強固になるので強度が上がります。
左2x4材
右2x6材  これだけの差があります。
A断熱性能は当社従来の2×4工法の1.7倍
2x6材を使い壁が厚くなった分だけ断熱材を充填できる量が増えますので、
従来よりも断熱性能が向上します。


COPYRIGHT (C) HARASAWA HOMES CO.,LTD. All Rights Reserved.COPYRIGHT (C)テンプレート119. All Rights Reserved.Produced by SEO対策-GV